会社の広場にある鉄棒にイベントフラグが設定されていた話

私の会社の広場には、鉄棒が設置されています。

上の写真のような公園にあるものではなく、もっと長い懸垂(けんすい)用の鉄棒です。

私が働いている会社は自社工場と一体になっており、よく工場勤務の方が定時後、ここで筋トレをしておりました。

デスクワークで最近体が訛っているなと思っていた私は、その姿を見て「いいな~肩の凝りも治るかもしれない」と思い、毎日帰りにそこの鉄棒で懸垂をするようになりました。

はじめは5回ほどしかできませんでした。

高校生の平均懸垂回数がだいたい6~7回らしいので、高校生以下の筋力です。

が、諦めず日課として懸垂を続けていくにつれ、6回、7回と一度にできる懸垂の回数が増えていきました。大台の10回達成を目指して・・・。

そして、その時はやってきたのです。

「9回・・・」

「10回!」

懸垂10回を達成したその瞬間、どこからともなく拍手が聞こえてきたのです!

拍手人「いや~すごいですね!10回もできるなんて」

なんと全く知らない人から称賛の拍手が!

突然の拍手にビックリしましたが、状況はなんとなく理解できました。

これは・・・もしかして・・・。

特殊イベント達成で実績解除したってこと!?

いやーまさかこんなところに隠しトロフィーがあるとは夢にも思わなかったです。こんなところにもイベントを設置しているなんて、製作者の粋を感じます。

私「ありがとうございます!」

拍手人「いやー、すごいですね。いつからこんなに回数重ねられるようになったんですか?」

私「今回がはじめてですね。昨日あたりで9回までできていたので、今日はできるかなと思ったら、できました。」

・・・と、顔を向けると、向こうは「あっ・・・」とした顔。

ここではじめて本当の状況を理解しました。

この人、私を他の人と勘違いしていないか?

お互いなんとなく状況を共有し、つかの間の間があった後・・・。

拍手の人は去っていったのです。

私は少し呆然と立ち尽くしていましたが、この後すぐに帰りました。

以降、懸垂10回を達成してもこのイベントは発生しなくなったので、懸垂をすることもなくなりました。

なんてことない話ですが、鉄棒ひとつで人間の欲望が被害妄想と化すことになるなんて、

なんて哀れなのでしょうか。

しかし、人生という名のゲームは、本当に細かいところまで作りこまれているなと感じた話です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク